学術雑誌論文 「雇用なき成長」下のモザンビークにおける雇用政策

網中, 昭世  ,  Aminaka, Akiyo

54pp.56 - 66 , 2016 , 日本貿易振興機構アジア経済研究所
内容記述
モザンビーク社会は2000年代を通じて高いマクロ経済成長率を記録する一方で、2008年、2010年、2012年には経済的困窮に対する都市部住民の不満が暴動という形で表出した。モザンビーク人の雇用が促進されず、貧困率の悪化を伴うような経済成長は「雇用なき成長」と非難されてきた。近年の暴動の主体は、経済成長を実感できぬ貧困層であった。彼らは野党の支持者となりうるだけに、FRELIMO政権は、貧困層に対して、いかに雇用を提供するかという課題を抱えている。本稿では、FRELIMO政権による雇用政策について次の3つの観点から考察を加える。第1に、近年の経済成長をもたらすことになった経済政策を振り返る。第2に、経済成長にも関わらず、雇用を通じた貧困状況の改善がなされない要因を探るため、経済活動人口の教育水準を確認し、低就学歴者層を対象とした政府の雇用政策に焦点をあてる。第3に、低就学歴者に対する雇用政策の実績と意義について検討する。
本文を読む

http://ir.ide.go.jp/dspace/bitstream/2344/1549/4/ARRIDE_AfricaReport_No.54_p56_2016_aminaka.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報