学術雑誌論文 VANETにおける複数無線チャネルを用いた大容量データ配信手法の提案と性能評価

川井, 明  ,  柴田, 直樹  ,  稲葉, 健吾  ,  伊藤, 実

2015-09-15 , 一般社団法人情報処理学会
ISSN:1882-7764
内容記述
車車間通信を利用したデータ配信についての研究がさかんに行われている.しかし,パケット衝突によるスループットの低下および対向車との通信が困難という技術的課題が残されている.本論文では,VANET(Vehicular Ad-hoc NETwork)における複数無線チャネルを用いたデータ配信手法を提案する.提案手法では,道路を無線電波の到達距離ごとの領域(以後,セルと呼ぶ)に分け,互いに干渉しない複数のチャネルを各セルに順番に割り当てる.各車両は所属するセルのチャネルを使用して通信し,ネットワーク全体では複数のチャネルを同時に並行して使用することで,パケットの衝突を軽減し,スループットの改善を図る.これにより,連続したメッセージの送受信を可能にし,大容量データの配信を実現する.シミュレーションによる従来手法との比較の結果,提案手法は車両密度が高い混雑した状況においても高いスループット性能を発揮できることを確認した.その要因として,提案手法による帯域へのアクセス制御方式が効果的に機能したものと考えられる.
Many researches addressed data dissemination utilizing inter-vehicle communication. However, there are still some technical challenges in reduced throughput by packet collision and difficulty of communication between cars heading towards opposite directions. In this paper, we propose a wireless multi-channel data delivery method for vehicular ad-hoc networks. The proposed method divides the roads into smaller areas (cells) and assigns one out of four channels to each cell to avoid interference between neighboring cells. Each car communicates with the channel assigned to the cell it is currently running on, and the whole network can use multiple channels at a time. In this way, continuous transfer of data and delivery of large data can be achieved. Through comparative simulation, we confirmed that the proposed method shows good performance even in a congested situations, since the proposed media access method is effective.
本文を読む

http://library.naist.jp/dspace/xmlui/bitstream/10061/11120/1/IPSJ-JNL5609035.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報