紀要論文 建物の基本的特性に対する同定手法の検討

河井, 雄登  ,  末崎, 和宏  ,  吉田, 長行

内容記述
古い建物の耐震性能を正確に把握するためには構造モデルを適切に評価する必要がある。近年、このために固有円振動数や減衰定数といった建物の基本的な特性を同定する手法が強く求められている。その手法の一つとして常時微動下における建物を観測し、その振動特性を推定する方法が挙げられる。本研究では、部分空間同定法の中でも基本的な方法であるMOESP法を用いて、常時微動観測で得られたデータからこれらの基本的動的特性を抽出する手法について探ったものである。
The structural model should be constructed with high accuracy for exactly redesigning the earthquake resistance ability of old buildings. For this, the procedures for identifying the basic characteristic of the building such as natural frequencies and damping factors are intensively required nowadays. This could be done by measuring the vibration of buildings caused by microtremors of the ground and identifying the vibrational characteristics of buildings. In this study it is investigated whether these dynamic characteristics could be extracted from observed data on small vibration by using MOESP method that is the basic method in subspace identification methods.
本文を読む

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14890&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報