紀要論文 Canvas 調査報告:日本版NGDLE プラットフォームとしての可能性

常盤, 祐司

内容記述
米国Instructure社が提供している授業支援システムCanvasは、米国とカナダの大学における基幹LMSの2016年の新規導入案件において、77%ものシェアを獲得した。このCanvasは第三世代のLMSとも言われておりクラウドやスマートフォンを前提として開発されている。日本におけるCanvasの導入実績は現時点では少ないが、米国の状況を踏まえると今後導入が進むことが予想される。筆者は日本IMS協会の活動を通じ、Instructure社との関係を深め、Canvasを試験的に利用することができ、さらに公開されている情報からCanvasに関してある程度の知見を得られた。本稿では、(1)日本の大学での利用、(2)日本版NGDLEの学習プラットフォームとしての利用、(3)教育支援システムに関する研究・開発のプラットフォームとしての利用について、それらの可能性を評価することを研究課題として調査を行った結果について報告する。
Canvas, which is one of Learning Management Systems for higher education and K-12, got 77% of all new implementations of primary LMS solutions in US and Canadian higher education for the half year January - June 2016. Canvas is developed by US LMS vender - Instructure to take advantages of cloud and smartphone. So far, a market share in Japan remains low, however it will potentially grow in a future. Through an activity of IMS Japan Society, a relation with Instructure was build and an information on Canvas is accumulated. This paper describes the answer for three research questions. (1) Availability in Japanese universities (2) Potential for Japanese version NGDLE (3) Availability as a research environment for learning support systems.
本文を読む

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14889&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報