紀要論文 温度一定の分子動力学法によるアルゴンの融解曲線

片岡, 洋右

32pp.7 - 10 , 2018-06-01 , 法政大学情報メディア教育研究センター
ISSN:18807526
内容記述
分子動力学法シミュレーションによりアルゴンの融解曲線を求めた。初期分子配置として、固体領域と液体領域を含むものを使用し、短時間のシミュレーションで与えられた温度・密度において固体と液体のどちらが安定なのかあるいは共存状態なのかの判定できるようにした。分子間の相互作用としてレナードージョーンズ関数を仮定した。温度一定のNVTアンサンブルを使用した。基本セルの形は直方体である。基本セルに含まれる分子数は2592である。カットオフ距離は短いセル長の半分とした。得られた融解曲線は自由エネルギー計算の結果と良く一致した。また蒸気圧も求めた。
Melting curve of argon was calculated by constant temperature molecular dynamics simulations. Lennard-Jones potential function was assumed. The initial configuration was consisted with solid part and liquid part. By this initial configuration, the total molecular dynamics length 1e6 steps was enough to obtain the thermodynamic equilibrium state. The melting point was obtained as solid-liquid co-existent state. The total number of molecules on the basic cell was 2592. The shape of the basic cell was rectangular parallelepiped. The cut-off distance was the half of the short cell length. The melting curve was consistent with the result by free energy calculations. The surface tension was also calculated.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/14252/1/vol32_02.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報