Departmental Bulletin Paper 【研究ノート】 日本と米国の公衆衛生緊急事態対応の比較分析
[Research Notes] System of Public Health Emergency Management in Japan and United States

平川, 幸子

6pp.231 - 247 , 2018-03-24 , 法政大学公共政策研究科
ISSN:21875790
NCID:AA12714757
Description
近年,途上国を中心に発生している新興・再興感染症が,人々の健康に重大な影響を与える公衆衛生危機として課題となっている。感染症パンデミックをはじめとする公衆衛生危機に備えて,日本でも事前の計画作成を行っているが,想定外の事象が発生することで柔軟な対応が求められる場合も多い。本稿では,日本と米国の公衆衛生緊急事態への対応について,2009年に発生した新型インフルエンザH1N1への対応を中心に分析し,日米の対応の比較を行った。米国においては大統領や州知事が緊急事態宣言,保健福祉省長官の公衆衛生危機事態宣言の発出等により,緊急対応が行われた。日本でも2012年に新型インフルエンザ等対策特別措置法が制定され,緊急事態宣言等を含めて整備されている。
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13818/1/kss_6_hirakawa.pdf

Number of accesses :  

Other information