紀要論文 インドネシア,コトパンジャン・ダムによる住民移転の長期的評価 (調査報告)

藤倉, 良  ,  カリミ, シャフルディン  ,  アンドリアヌス, フェリー  ,  武貞, 稔彦  ,  吉田, 秀美  ,  眞田, 陽一郎  ,  澤津, 直也  ,  寺末, 奈央

6pp.27 - 37 , 2018-03-24 , 法政大学公共政策研究科『公共政策志林』編集委員会
ISSN:21875790
NII書誌ID(NCID):AA12714757
内容記述
インドネシア,スマトラ島に建設されたコトパンジャン・ダムによって1990年代に移転した村落の生活再建について研究成果をレビューし,2017年に行ったフィールド調査と合わせて長期的に評価した。移転は村落ごとに行われ,移転民には水没した財産に対する100パーセントの金銭補償に加えて,政府が造成したゴム園の無償提供もしくはアブラヤシ園の有償提供が行われた。10村がゴム園を2村がアブラヤシ園を選択した。しかし,ゴム園では政府の約束とは異なり,住民の移転時には未整備であり,整備されて収穫が得られるまで,住民は生活再建に支障をきたした。そのような状況の中で,ナマズの養殖と加工を開始した村落では,副収入により所得が増加した。アブラヤシ園を選択した村落では,収穫が得られるまで賃金労働する場が提供され,分譲された農地をローンで購入することができた。さらに,移住してきたジャワ人を労働力として使うことで農園を拡大し,所得を大幅に増やすことができた。住民が移転後も農業によって生活を再建することが前提となる計画の場合には,実際に収穫が得られるまでの生活支援が必要である。さらに,政府は移転民が予想通りに農業収入が得られない場合に備えて,副収入源を得る機会を提供することが望ましい。
本文を読む

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14456&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報