紀要論文 ヘーゲル『精神現象学』「序説」 第33節~第35節の解明

山口, 誠一

76pp.49 - 59 , 2018-03-13 , 法政大学文学部
ISSN:04412486
NII書誌ID(NCID):AN00226157
内容記述
【a】 普遍性一般への高まりは形成陶冶の完成ではない。古代と近代の学修様式とは違っている。古代の形成陶冶は普遍性への自己形成である。近代の形成陶冶には普遍性は準備されている。近代の形成陶冶は内的形式の出現である。【b】 なすべき仕事は個人を現実化し精神化することである。思想の流動化ははるかに困難である。思惟規定の自己を流動化することは,存在そのものを流動化することよりもはるかに困難である。【c】 思想は,自ら自身だという純粋確信を捨象することによって流動化する。思想は,内発的に固定したところを放棄し流動化する。思想の流動化は,概念の自己運動となる。
本文を読む

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14424&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報