Departmental Bulletin Paper 原発事故被災からの回復のための政策課題
The Policy Problems for Recovering from Nuclear Power Plant Disaster Damages

長谷部, 俊治

7pp.77 - 101 , 2017-03-15 , 法政大学サステイナビリティ研究所
原発事故被災からの回復は、元に戻ることではなく日常性を取り戻すことである。被災者は、本人が主体となって、安全の確立、想起と服喪追悼の段階を経て、通常生活との再結合に至る過程をたどる。また被災地は、被災者が土地とのつながりを再構築することによって再生していく。そのための政策は、事故発生時の緊急・応急対策とは異なる。ところが、現在の原発事故被災対策は、a)緊急対応策をそのまま延長して恒久的な措置としていること、b)被災地の再生を単純な経済的復興として推進していること、c)目標を定めその効率的な達成を図る手法を偏重していること、という特徴があり、被災からの回復との齟齬を生じている。これを、内発的な回復過程に対する支援へと転換しなければならない。この場合に、原因者に負担を求めるだけでなく、良好な福祉や健全な環境に対する公共的な責任をも重視すべきである。その必要に応えるべく次のしくみを提案する。1)支援の日常化を図るために、被災者支援を公共福祉政策として展開する。2)被災地主体の回復を支援するため、コミュニティ再生基金を造成する。3)生態系回復プロジェクトを実施し、被災地再生に当たってエコノミーとエコロジーのバランスを確保する。4)被災から回復するうえでの課題に適切に応えるために、被災地再生のための費用負担関係を再編する。Six years passed after Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster, the victims and the disaster area are recovering from damaged situation. The recovering is not to get back but to restore usual situation. The victims will take any courses which are made up steps to establish safety, to recall and mourn of the disaster, and to re-combine with usual life by one another. The disaster area will be re-formed by victims’ processes of re-connecting with land. The policy to support these processes must differ form emergency measures to control disaster. But the present policies against the disaster disagree with recovering processes because of theirs following characters. a) Continuing emergency measures in the recovering stage, b) Promoting to re-form of the disaster area by simple economic development projects, c) Much leaning on the efficient goal attainment technique. It is necessary to change the policies into giving support the inner origin recovering processes. It is important public sectors take responsibility for good welfare and sound environment on giving support. I propose the following devices.1) To promote public welfare support works for victims as customary doing 2) To establish the community re-form funds for self-direction recoveries 3) To promote the ecosystem recovering project and balancing between economic benefit and ecological soundness 4) To reorganize the cost burden relationship between the disaster causer and public sectors, and to aid solving problems of recovering from the nuclear disaster damages

Number of accesses :  

Other information