紀要論文 被災地における再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生 : 行政施策と住民意識の状況を考える

白井, 信雄

7pp.45 - 58 , 2017-03-15 , 法政大学サステイナビリティ研究所
ISSN:2185260X
NII書誌ID(NCID):AA1249065X
内容記述
被災地(特に福島県)における再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生について、地域行政や市民活動等の取組み、地域住民の意識に関する既往資料を整理した。福島原発事故という望まない契機ではあったが、福島県は地域主導の再生可能エネルギー導入を進める国内先進地に変貌しつつある。特に、脱原発や脱中央集権という理念を強く打ち出した点、そして地域主導による市民共同発電事業を支援する仕組みを整備してきた点に、先進地としてのモデル性をみることができる。WEB モニター調査によれば、福島県の住民は、再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生として、「主体の自立共生」をより強く期待している。また、「再エネ電気の購入」や市民活動等への参加の実施意向が強い傾向にある。こうした期待や意向に応える今後の取組みが期待される。This report examines the activities of local governance and citizens, resident’s awareness, which show the situation of the structural regeneration of regional communities through renewable energy in areas affected by the Great East Japan Earthquake. Following the unfortunate accident of nuclear power plant, Fukushima prefecture is changing to become an advanced area of energy autonomy. In particular, we can see the advanced models in the strong concepts of the abandonment of nuclear power and de-centralized systems, and the forming of the support systems for civic power stations by local actors. The results of the questionnaire surveys show that the primary expectation for Fukushima’s residents is citizens’ vitality. Fukushima’s residents have a strong intention to conduct the purchase of renewable energy and the participation in renewable energy. Measures and actions in response to the expectation and intention of residents are expected.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13256/1/sus7_shirai.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報