Departmental Bulletin Paper <研究ノート> プログラミングスキルを持たない市民を対象としたオープンデータ利活用のためのワークショップの開発と評価
Development and Evaluation of Open Data Utilization Workshops for Citizens without Programing Skills

小林, 重人

9pp.49 - 58 , 2017-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NCID:AA12346857
Description
近年、オープンデータを用いた地域課題を解決するためのサービスやアプリケーションの開発が活発に行われているが、プログラミングスキルを持たない市民のオープンデータに対する理解や利用は十分に進んでいないのが現状である。真に地域課題を解決し、地域住民にとって価値あるサービスを創り出していくためには、プログラミングスキルを持つエンジニアやデザイナーだけではなく、当該地域に居住する市民と共にサービスの開発や運営を進めることが求められる。本稿では、エンジニアではない地域住民がオープンデータの利活用にどのように関与することができるのか、またその関与におけるどのような経験や理解によって継続的な協働が実現できるのかを明らかにするために、オープンデータを用いたサイト構築のためのワークショップを開発し、参加者に対してアンケート調査を実施することでその効果を分析した。分析結果から、地域課題についての学習やサイト開発への関わり方の工夫によって参加者が主体的に開発に携わり、地域課題に対する学びの満足度も高いことを示した。その際にはサイトを自分たちの力で作成することができるという「達成経験」とプログラミングスキルがなくてもサイトの作成に携わることができることを伝える「社会的説得」の双方をワークショップに取り入れることが効果的であることが示唆された。また、多くの参加者がサイトの運営や開発に対しても協力意向を示したことから、サービスの持続性や発展性という観点からも本稿で提案した方法は有効であると結論付ける。
Recently, services and applications using open data for solving regional issues have been developed rapidly. However, the utilization of open data by citizens without programming skills has not progressed sufficiently. In order to truly solve regional problems, and to create valuable services for local residents, both engineers and local residents are required to promote the development and management of services. The purpose of this paper is to understand how local residents without programming skills can participate in the utilization of open data, and what kind of experience and understanding produces continuous collaboration with engineers. For this purpose, we developed a workshop for building a website using open data, and analyzed the effect by conducting a questionnaire survey for participants. From our results, we found that the participants in our workshop were able to take the initiative in developing the website, and their learning satisfaction with local issueswas high. We showed that it is effective to incorporate both "enactive attainment" and "socialpersuasion" into the workshop. The former is the experience that allows participants to create the website themselves, and the latter involves telling participants that they can create the website without programming skills. Since many participants also had the intention to cooperate with the operation and development of the website, we conclude that the method proposed inthis paper is effective from the viewpoint of thesustainability and development of the service.
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13238/1/chiiki_9_kobayashi.pdf

Number of accesses :  

Other information