紀要論文 道の駅による地方創生拠点の形成

山本, 祐子  ,  岡本, 義行

9pp.35 - 47 , 2017-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NII書誌ID(NCID):AA12346857
内容記述
道の駅は、地方創生を推進するにあたっての拠点となることが求められている。しかし、多くの道の駅は収益の低迷から運営に苦慮しており、拠点として機能する余裕がない、というのが現状である。本論では、道の駅が地方創生の拠点となるための要件を明らかにするために、道の駅の現状と課題がいかなるものであるか、アンケート調査およびヒアリング調査の結果を通じて報告する。
Roadside stations are expected as bases of vitalizing local economy. However, since many roadside stations have financial difficulties, they cannot afford to invest resources in playing the role as such bases. In the present study, wereported the current environment and issues ofroadside stations throughout Japan using inquiry surveys and interviews about in order to reveal what is requisite for playing the role as bases ofvitalizing local economy.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13237/1/chiiki_9_yamamoto_okamoto.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報