Departmental Bulletin Paper 静岡県における協働のあり方に関する研究 : 静岡県35 市町を事例として

牧田, 博之  ,  原口, 佐知子  ,  上山, 肇

9pp.3 - 14 , 2017-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NCID:AA12346857
Description
本稿は静岡県における「協働」のあり方に関する研究である。「協働」とは行政と住民、企業などがお互いに協力して問題・課題を解決することを意味しているが、本研究では、行政と住民との「協働」の現状を明らかにすると共に、そのあり方を探ることを目的としている。本研究では、静岡県の35 市町と117 地域へのアンケート及びヒアリング調査を行い、次のことが結果として得られた。1)行政と地域住民との“ 協働” の取組みは、行政側のリーダーシップが求められていること。2)行政と地域がめざすべき“ 協働” の姿を互いに共有化し相互に理解し合うことが大切であること。3)行政は、地域のまちづくり推進体制づくりや市民ファシリテータの育成など、それぞれの自治体や地域特性に合った“ 協働” の姿を見出して、積極的に政策展開するべきであること。
This is a study on the activity of “Kyoudou” in Shizuoka Prefecture. “Kyoudou” means collaboration with the autonomy, residents, enterprises and so on. And the aim of this studyis to look for the actual situation of “Kyoudou”between the autonomy and the resident. We investigated by a questionnaire and hearing to35 municipalities and 117 area communities inShizuoka prefecture to know the current state of“Kyoudou”. The findings are following: 1) Municipalities are wished for the leadership to proceed the “Kyoudou”by inhabitants. 2)It is necessary to share a system about “Kyoudou” in an autonomy and an area. 3)Each municipalities must proceed its policy of “Kyoudou” such as making thestructure of local movement, bringing up the citizen facilitators and so on.
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13235/1/chiiki_9_makita_haraguchi_kamiyama.pdf

Number of accesses :  

Other information