紀要論文 スポーツ経験と資質的・獲得的レジリエンスとの関連

榎本, 恭介  ,  荒井, 弘和  ,  吉村, 浩一  ,  金城, 光

35pp.11 - 14 , 2017-03-31 , 法政大学スポーツ研究センター
ISSN:21879168
NII書誌ID(NCID):AA12667908
内容記述
本研究は、スポーツ経験(経験年数やスポーツを通した成長感など)とレジリエンス(困難を克服する能力)の関連性を明らかにすることを目的としている。レジリエンスの測定については平野(2010)が提案した、持って生まれた気質と関連の強い資質的レジリエンスと、後天的に身につけやすい獲得的レジリエンスに分けて検討することのできる二次元レジリエンス要因尺度を用いた。研究は、大学生と大学院生を対象にweb質問紙調査により行った。175名(男性89名、女性86名、平均年齢は21.37±1.26)のデータの分析を行った結果、スポーツ経験の長さは資質的・獲得的レジリエンスのいずれとも相関せず、経験年数の違いによる差は認められなかった。それに対し、スポーツ成長感と資質的・獲得的レジリエンスにおいて、スポーツ成長感と資質的レジリエンスの間には中程度の相関が、スポーツ成長感と獲得的レジリエンスの間には弱い相関が認められた。このことから、スポーツを通した成長感と資質的・獲得的レジリエンスが関連することが明らかとなった。The primary aim of this study was to explore the relationship between sports experience (such as years of experience and growth feeling through sports) and innate/acquired resilience (Hirano,2010). We conducted a web questionnaire survey for university students and graduate school students. As a result of analyzing 175 people (89 male, 86 females, average age 21.37 ± 1.26), the years of sports experience did not correlate with innate/acquired resilience. On the other hand, moderate correlation between growth feeling through sports and innate resilience, and weak correlation between growth feeling through sports and acquired resilience was found. However, it was pointed out that the relationship between growth feeling through sports and the innate/acquired resilience remains in a correlation level, and that the examination at the causation level was necessary in futuere.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13186/1/35enomoto-other.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報