Departmental Bulletin Paper 集約型層剛性モデルによる RC 建物の動的耐震検討: 横浜市立大曽根小学校第二校舎

古明地, 洋佳  ,  木村, 築  ,  河井, 雄登  ,  吉田, 長行

30pp.36 - 41 , 2016-4-1 , 法政大学情報メディア教育研究センター
ISSN:18807526
Description
本研究では、動的耐震診断に有効な簡易解析手法を提案する。建物の地震応答解析には精度の高い「立体骨組モデル」が用いられる。これにより、部材レベルでの詳細な弾塑性挙動を把握することが出来るが、動的耐震診断では結果の得やすい簡易な解析手法も必要となる。そこで、層内の柱、壁などの部材の層間変位を等しく置くことにより、弾塑性解析の簡易化を図った「集約型層剛性モデル」を提案し、精度と有効性を検討する。
This study proposes a simple elasto-plastic analysis for the dynamic earthquake resistance diagnosis. The reduced layer model is very effective to get the total judgment quickly. The basic data for a building is obtained by microtremor observation together with its plan and measurement. The numerical results are certificated by the analysis based on the three dimensional frame model and the observation data. Keywords : Reduced layer, Three-dimensional frame, Microtremor observation
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12784/1/vol30_06.pdf

Number of accesses :  

Other information