紀要論文 分子動力学による荷電コロイド分散系の構造

片岡, 洋右

内容記述
分子動力学により荷電コロイド分散系の構造を調べた。Sogami-Ise ポテンシャルを仮定し、初期配置を面心立方格子(FCC)として、表面電荷密度をパラメータとし、平衡化後の構造として、液体、FCC,さらにvoid構造を得た。構造は、分子配置、2体相関関数、平均2乗変位なとで分類した。また系の特徴を調べるために、ポテンシャル関数が最小となる距離とその深さを調べて、FCCからvoid構造への転移は、ポテンシャルが最小となる距離が平均分子間距離に等しい条件で生じる。
The ordered structure of charged colloidal dispersion is studied by molecular dynamics simulation. Sogami-Ise potential is assumed as the effective interaction between the colloidal particles. The volume fraction is fixed as 0.01. The initial configuration of the basic cell is face centered cubic (FCC). The final configurations are liquid, FCC or void structure according to the charge density on the surface of the colloidal particle. Keywords : Charged Colloidal Dispersion, Molecular Dynamics, Sogami-Ise Potential, Ordered Structure, Charge Density
本文を読む

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13422&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報