紀要論文 <研究ノート> 大学生を対象としたお土産購入に関連する要因の検討
Correlational factors affecting to purchase souvenir purchase (Omiyage) among university students

島村, 亜弓  ,  鈴木, 郁弥  ,  荒井, 弘和

8pp.61 - 73 , 2016-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NII書誌ID(NCID):AA12346857
内容記述
本研究では、研究Ⅰとして、大学生を対象として半構造化面接を行い、お土産に対する認知(ポジティブ面やネガティブ面)を明らかにする。そして、得られた結果から尺度を作成する。その後、研究Ⅱで、大学生を対象とした質問紙調査によって、お土産購入頻度に関連する要因を明らかにする。具体的には、ポジティブな認知とネガティブな認知が購買行動にどのように影響するかどうかを検討する。その際、トポフィリアとコミュニティ・アイデンティティとの関連性も検討する。研究Ⅰは、大学生14 名として、個人面接およびフォーカスグループを行った。その結果、お土産に対するポジティブな認知およびお土産に対するネガティブな認知を抽出した。つづいて、研究Ⅱでは、大学生124 名として質問紙調査を行った。お土産に対するポジティブな認知尺度(11 項目)とネガティブな認知尺度(12 項目)について、それぞれ主成分分析を行ったところ、それぞれが1 つの成分にまとまることがわかった。ロジスティック回帰分析によって、トポフィリア得点、コミュニティ・アイデンティティ得点がそれぞれ高い人の方が、お土産購入頻度は高くなるという関係性が明らかとなった。このことから、お土産の購買行動には、トポフィリアやコミュニティ・アイデンティティが関与している可能性が示された。
This study deals with souvenir purchase, which is a part of the traditional Japanese culture called“Omiyage.” The purpose of Study I was to explore the cognitions regarding souvenir (pros and cons) through semi-structured interviews among university students. Study II was a cross-sectional study that aimed to investigate the factors related to the frequency of souvenir purchase among university students. Specifically, it examined the relationships between cognitions regarding souvenir, Topofiria or community identity, and souvenir purchase frequency. The Research Ethics Committee of the Department of Psychology, Faculty of Letters, Hosei University and Major of Psychology, Hosei University Graduate School approved this study. In Study I, we revealed the pros and cons for cognitions regarding souvenir using personal interviews or focus groups along with the KJ method with fourteen university students. In Study II, we investigated the factors related to souvenir purchase frequency in one hundred twenty four university students using a selfadministered questionnaire. A logistic regression analyses revealed that people who reported a higher Topofiria or community identity score exhibited a higher frequency of souvenir purchase. In conclusion, it was indicated that souvenir purchase behavior was related to Topofiria or community identity.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12648/1/chiiki_8_shimamura_etal.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報