Departmental Bulletin Paper <研究ノート> 急成長するサンフランシスコ シリコンバレーを超える勢い : ICTの進化と3T 地区SOMA の考察(新しい産業集積と働き方)
Social Application Rush to San Francisco : Trial study on the economic prosperity of SOMA redevelopment district and an Analysis of the behavior and work-style of the Creative Class

藤原, 竜也  ,  小門, 裕幸

8pp.27 - 45 , 2016-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NCID:AA12346857
Description
シリコンバレーの地域研究機関(JVSVN)1)は、その年報インデックス2015 においてサンフランシスコが急成長し、シリコンバレーを超える勢いにあると報告した。幾つかの経済指標において、サンフランシスコがシリコンバレーを凌駕していると記載し、結論部分において極めて重要な経済エンジンに成長していることを認知している2)。ベンチャーキャピタルの投資額においてシリコンバレーと比肩する水準となり、特許登録数の伸び率・エンジェル投資額においてはサンフランシスコがシリコンバレーを超えているのである(2014 Ⅰ - Ⅲ期計)。この現象は都市社会学者リチャード・フロリダのいう3T(talent・technology tolerance)都市へのクリエイティブクラスの移動(フライト)を示すものなのか。ICT の進化の中で、その現象の更なる進化を示すものであるのか。世界のIT をリードするサンフランシスコ湾岸地域(ベイエリア)の経済の重心が、ICT 産業が新しいステージを迎える中で移動しつつあるのだろうか。はたまた未来学者ジェレミー・リフキンが指摘するような資本主義と協働主義との共存を始めようとしているのか。本稿はサンフランシスコのSOMA(サウスオブマーケット)地区について、昨今集積著しいベンチャー企業に焦点をあてながら、都市構造との関係性、ICT の進化と業態変化と起業環境の変化・プレイヤーとそのライフスタイル(働き方)などの視点から、現地調査(藤原2015/8)を参考にしつつ、種々の文献資料により分析を試みるものである。
Silicon Valley Index 2015, an annual report of a regional research institution of Silicon Valley concludes that San Francisco has been growing rapidly as an important economic engine in the San Francisco Bay Area. Some of the economic indicators tell us that the momentum of San Francisco has surpassed Silicon Valley. The venture capital investments of San Francisco hasreached a comparable level to Silicon Valley. Thegrowth rate of Angel investments, relative job growth and patent registration numbers of San Francisco have exceeded those of Silicon Valley(2014 Ⅰ - Ⅲ ). It seems that San Francisco has become the destination of flights for creative class attracted by Florida's 3T factors (talent · technology · tolerance). It would also appear the ICT evolution has moved the center of economic gravity of San Francisco Bay area to the north. It may also indicate that the beginning of the coexistence of capitalism and collaboratism has begun in San Francisco as a futurist Jeremy Refkin pointed out in his book of Zero Marginal Cost Society. This paper attempts to analyze the current situation of San Francisco's SOMA (South of Market) district, focussing on ICT start-ups, by various literature covering such fields as urban development, industrial clusters and careerstudies, and Mr. Fujiwara’s field study conductedin August, 2015. The topics discussed are the accumulation of recent ICT start-ups, the influence of the urban structure made by the urbanredevelopment, the social application stage of ICTevolution and its business-model as well as lifestyle and careers of entrepreneurial creative class.
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12645/1/chiiki_8_fujiwara_kokado.pdf

Number of accesses :  

Other information