Research Paper 武器貿易条約における海洋法上の問題

森田, 章夫

pp.1 - 4 , 2015-05-26
研究成果の概要(和文): 「武器貿易条約」は、計画申請後、2013年4月2日に採択され、研究期間中の2014年12月24日に発効した。本研究の対象は、その意義が十分に理解されていなかった海洋法上の側面を検討するものであった。その結果、まず、武器貿易の海洋法上の規制には、既に19世紀以来、歴史的な蓄積が存在することを明らかにした。さらに、無害通航権との関係では、米国の当初の主張と(国連海洋法条約に引き継がれている)領海条約における条文と起草経緯を検討した結果、無害通航権が強く確保されたとの単純な理解には、一定の留保を必要とすることが判明した。研究成果の概要(英文): ATT: Arms Trade Treaty was adopted on 2 April 2013, and entered into force on 24 December 2014. Object of this research is to study law of the sea aspects which, up to then, had not fully considered, because past studies mainly concentrated about new aspects of the treaty. Results of this research are twofold: firstly, regulation in the field of law of the sea, there had been certain “precedents” on regulation of the arms trade on the sea since 19th century. Secondly, as to innocent passage problem, it was found that there should be certain reservation on understanding that this treaty fully assures foreign ship's innocent passages, because initial proposal by the United States and terms and working history of the 1958 Convention on the Territorial Seas and the Contiguous Zone which is succeeded in UNCLOS would suggest otherwise.

Number of accesses :  

Other information