研究報告書 地域資源の利活用事業を支援する環境会計モデルに関する研究

金藤, 正直

pp.1 - 4 , 2015-05-22
内容記述
研究成果の概要(和文):本研究では、国内外における森林・林業とバイオマス事業に関する先進事例に基づいて、中山間地域の事業関係者が、当該地域の森林資源と木質バイオマスを有効的に利活用していく連携事業モデルと、この事業の可能性や方向性を持続可能性の視点から評価していく会計モデルを提示した。また、これらのモデルは、農業あるいは水産業とバイオマス事業との新たな連携事業を構築したり、この事業を総合的に評価していくことに応用できることも明らかにした。研究成果の概要(英文):In this study, I considered the woody biomass cluster model and the accounting model for evaluating the cluster from the perspective of sustainability, referring to some advanced forestry and biomass businesses in Japan and overseas. These models are available effectively by the interests in hilly and mountainous areas. And, I suggest that the models are able to construct a new business model in collaboration with agriculture or fishery and various biomass, and comprehensively evaluate the business.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12598/1/15_kaken_24730381seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報