Research Paper ガバナンス体制の違いによる企業価値への影響

高橋, 秀朋

pp.1 - 4 , 2015-06-07
研究成果の概要(和文):本研究の目的は、どのようなガバナンスシステムが企業の長期的な価値の向上に寄与し、そのためにはどのような政策・規制が有効であるかを実証的に検証していくことである。本研究の最初の成果として、銀行と企業の関係が強いガバナンスシステムの下では、株式市場における価格の情報効率性を害する可能性があることを指摘した。また、2番目の研究においては、機関投資家による所有が多いような場合では、インデックス運用や貸株の影響で株価が不安定になる可能性が指摘された。本研究の結果は、企業が価格の情報効率性・安定性を維持するために債務・株式の所有構造を注視しなければ、長期的な企業価値向上に結び付かないことを示唆している。研究成果の概要(英文):The object of this project is to provide empirical evidence on what type of governance system contributes to improvement of long-term firm values. First, I find that bank-firm lending relationships impair firm values in the long run. However, when the relationships are short-term, firm values improve. In the second study of this project, I find that larger institutional ownership leads to higher volatility of stock prices in the short run. This is because that larger institutional ownership allows investors to lend shares and some index funds trade in the same direction. Empirical evidence in this project suggests that corporate managers have to care about ownership/debt structures of their firms. Considering ownership/debt structures of firms is important to achieve improvement of firm values.

Number of accesses :  

Other information