研究報告書 留学生のICTを用いた言語実践の実態調査 : 学際的な視点から

村田, 晶子

pp.1 - 6 , 2015-06-04
内容記述
研究成果の概要(和文):本研究は日本において学ぶ留学生のソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用した人間関係の構築、相互支援、相互学習を明らかにした。調査結果では、留学生のトランスナショナルな他者とのつながりの全体像、学生間の相互支援(悩みの共有と支援)、そしてオンラインでの友人との協働学習(オンライン画面での学習リソースの共有・ディスカッションのプロセス)について明らかにした。これにより留学生のソーシャル・サポートにおけるICTの果たす役割の重要性を示し、今後の留学生支援を考える上で有用な情報を提示した。研究成果の概要(英文):This research investigated international students' use of social networking services (SNS) and analyzed their online networks, peer support, and peer learning processes. The research described international students’ diverse transnational networks, online peer support processes (sharing problems with and giving advice to peers and family members), and online peer learning processes (sharing learning resources and holding discussions with peers). This research, thus, pointed to the importance of ICT as a social support resource for international students and presented a useful framework for supporting international students in using ICT.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12589/1/15_kaken_24652109seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報