研究報告書 組織の学習志向および学習プロセスに影響を及ぼす組織要因研究

福田, 淳児

pp.1 - 5 , 2015-05-29
内容記述
研究成果の概要(和文):本研究では、文献レビューに基づき、探索および活用的な組織の学習志向に環境特性、組織の構造的特性およびマネジメント・コントロール・システム(MCS)の設計が及ぼす影響、学習志向が組織成員の行動にもたらす影響、さらに組織成員に対するMCSの影響が最終的な組織学習の成果に及ぼす影響について仮説を設定した。仮説検証の目的で実施した郵送質問票調査の分析から、以下の点が明らかになった。探索志向を有する事業部と活用志向を有する事業部では、組織特性またMCSの設計やその利用方法が異なる。また、インターアクティブな予算の利用の程度が学習の成果としての探索型学習と活用型学習の程度に与える影響が異なっている。研究成果の概要(英文):In this study, based on a literature review, I have made some hypotheses concerning the influence of environmental and organizational characteristics has organizational learning orientation and how the design of management control systems (MCS) influences explorative and exploitative learning organization. Also included the influence an organizational orientation has on organizational members' behavior, and on organizational learning itself. According to the survey analysis for testing of the above hypotheses, I found the following things. First, the organizational characteristics and the ways using MCS are different for exploration oriented divisions and exploitative oriented divisions. Second, the degree of using interactive budget management system has a different degree of influence on explorative learning and exploitative learning.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12578/1/15_kaken_24530577seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報