研究報告書 年少者及び成人学習者を対象としたプラグマティックス指導とその効果

石原, 紀子

pp.1 - 5 , 2015-04-24
内容記述
研究成果の概要(和文):年少者のプラグマティックス能力の発達について行った研究では、ストーリー・テリングやビジュアル・ナラティブを用い対話を通したプラグマティックス指導により、プラグマティックス能力の向上が可能であることがわかった。また成人の学習者のプラグマティックス能力の発達については、これまでに例の少ない長期的研究をもって質的に学習者の学びを検証した。プラグマティックス能力の発達の複雑な特性、特に学習者のアイデンティティーの変化とプラグマティックス能力や意識との関連、また協働的対話によって深まる語用論的多様性の理解、そして教室内外の学習言語使用による語用論的ことばの使い方の向上の過程などが明らかになった。研究成果の概要(英文):Pragmatic instruction for young learners using visual narratives showed enhanced pragmatic competence on the part of the younger learners aged 5-12. Examples of their pragmatic development included raised pragmatic awareness and improved use of the speech act of requests facilitated through story-telling and co-constructed dialogues. In addition, pragmatic development of adult learners was explored through qualitative longitudinal studies in which telecollaboration through blogging supported their pragmatic learning. The complex nature of the learners’ pragmatic development was relevealed, such as interconnetedness between the learners’ subjectivities and pragmatic awareness. Learners also cultivated a deeper understanding of genre-based pragmatic variation through collaborative dialogues and improved pragmatic L2 use in and outside of the classroom.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12569/1/15_kaken_24520657seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報