研究報告書 アスペクト区分は唯一に決まるのか? : 実時間処理からの検討

石川, 潔

pp.1 - 4 , 2015-05-26
内容記述
研究成果の概要(和文):動詞と時間副詞の間のアスペクト的な食い違いに伴う処理コストは、「瞬間・期間の片方のみに語彙的に指定された動詞の解釈が、文中で他方の指定に変更できる」という「離散的変更」説と、「瞬間・期間それぞれの解釈の優先度が動詞ごとに異なるが、優先されない解釈も文中で可能である」という「バイアス変更」説との、いずれで解釈されるべきか? 実験1 (self-paced reading) の結果では、後者の説が支持された。また、両者の優劣とは別件の新現象(効果遅延、副詞効果)も実験1で観察されたが、ある種の刺激設計の変更の元でもそれらが再現されることを実験2で確認した。実験3(眼球運動測定)は現在も継続中である。研究成果の概要(英文):Processing costs associated with aspectual mismatches between verbs and temporal adverbs could either be interpreted in terms of categorical coercion of dichotomous lexical specifications of punctual/durational interpretations for verbs (the Categorical Specification thesis), or in terms of overrides of graded interpretational preferences (the Weighted Bias thesis). Results supporting the Weighted Bias thesis were obtained in Experiment 1 (self-paced reading), while two novel kinds of observations were also obtained: effect delay and an adverb effect. Experiment 2 (not planned at the point of the proposal) replicated those observations even under certain stimuli modifications. Experiment 3 (eye-tracking) is still on-going.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12567/1/15_kaken_24520440seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報