Research Paper 絵画の中に現れた顕在的属性を作品解説と鑑賞教育に生かす

吉村, 浩一

pp.1 - 5 , 2015-05-27
研究成果の概要(和文):芸術作品の表に現れた属性を作品解説や鑑賞教育に有効に生かすために、理論的検討と展示の専門家へのインタビュー調査を行った。理論的考察においては、すべての鑑賞者にとって共通の出発点として表に現れた属性を活用することの意義を明らかにするとともに、それを作品のうちに秘められた潜在的属性と区別することの難しさも示された。専門家へのインタビューにおいては、展示作品に対して解説を加えることに対し、美術館学芸員は科学系博物館関係者とかなり異なるスタンスをとっていることが明らかとなった。研究成果の概要(英文):I wrote an article of the theoritical consideration and conducted interviews to the experts of museum concerning the display commentary, in order to utilize the manifested features of art works to the art commentaries and the appreciation education.In theoritical consideration, while I clarified the significance to utilize the manifested features as the start point of art viewing for all visitors, I pointed out the difficulty of distingushing the manifested features from the potential features that are hidden in the work.In the interview study, I showed that the curators of art museums have opinions considerably different from people standing in the science museum side.

Number of accesses :  

Other information