Research Paper 漢字文化圏におけるカント哲学の翻訳・受容の影響作用史の研究

牧野, 英二

pp.1 - 5 , 2015-05-13
Description
研究成果の概要(和文): 本研究は、次のような研究成果を挙げた。第一に、日本、韓国、中国・台湾の漢字文化圏におけるカント哲学の翻訳・受容の現状と課題を解明した。第二に、日本、韓国、中国・台湾におけるカント哲学研究の国際的なネットワークを構築することができた。第三に、日本、韓国、中国・台湾におけるカント哲学の翻訳・受容の影響作用史の課題を解明することができた。 最後に、本研究の一部は、すでに『東アジアのカント哲学』に発表された。 研究成果の概要(英文): This study raised the following research results. First, I clarified the curent status and issues of the translation and the acceptance of Kantian Philosophy in East Asia cultural sphere,i.e. Japan, Korea, China, and Taiwan. Secondly, I built the international network of the study on Kantian Philosophy in Japan, Korea, China, and Taiwan. Third, I was able to elucidate problems of the influence action history of the translation and the acceptance of Kantian Philosophy in Japan, Korea, China, and Taiwan. Lastly,part of this work has already been presented in "Kantian Philosophy in East Asia".
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12565/1/15_kaken_24520029seika.pdf

Number of accesses :  

Other information