Research Paper 東日本大震災の被災地におけるインクルージブな地域再生過程についての実証的研究

宮城, 孝

pp.1 - 4 , 2015-06-15
研究成果の概要(和文):東日本大震災において、高齢者など社会的に弱い立場の被災者に焦点をあて、被災地の復旧・復興の過程においてその置かれた状況を伝えいかに各種の施策に活かしていくかについて、陸前高田市をフィールドとし、2011年から14年まで市内外52の仮設住宅の自治会長にインタビュー調査を行うとともに、2013年度には全仮設住宅の居住者にアンケート調査を実施し分析した。また、モデル地域を設定して復興まちづくりのワークショップ開催の支援などを行った。これらのアクション・リサーチを通して、地域を基盤としたソーシャルワークとして、ニーズキャッチ機能、アドボケート機能、ネットワーク形成機能の重要性が再認識された。研究成果の概要(英文):As for the Japan Eastern Great Earthquake,it made in Rikuzentakata City a field, We have researched by interview investigation to the community chief of 52 temporary house area from 2011 to 14, and in 2013, a questionnaire survey to the resident in all the temporary houses. and We have practiced in a model area community building's workshop.Through these action-researches, as the social work based on the community, importance of the need catch function, the advocate function,the networking function was re-recognized.

Number of accesses :  

Other information