研究報告書 ダム建設による住民移転計画の長期的事後評価

藤倉, 良

pp.1 - 6 , 2015-05-29
内容記述
研究成果の概要(和文): ダムにより移転を余儀なくされた住民が移転後に順調に生活再建を行えるようにするための指針を得ることを目的として、これまでの移転プログラムの長期的評価を実施した。対象としたのは、インドネシア、日本、ラオス、スリランカ、トルコ、ベトナムの6か国に建設された17か所のダムである。このうち15か所は移転後20年以上が経過している。対象地域は多様であっても、多くの共通した知見が得られている。水没する土地の補償は代替地の提供が基本ではあるが、移転住民の第2世代の意思を考慮すると金銭補償が優れている場合もある。また、教育環境の改善は住民の満足度を高めている。研究成果の概要(英文):We conducted field surveys on resettlement programs implemented for 17 large dam construction projects in Indonesia, Japan, Lao PDR, Sri Lanka, Turkey, and Vietnam. Except two Vietnamese cases, the resettlements were completed more than two decades ago. The study reveals that securing secondary income source is effective to increase and stabilize resettlers' income. While it is recommend land-for-land compensation for submerged farm land, cash compensation should be considered as a feasible option taking socio-economic situation and intention of the resettlers. Farmers do not necessarily wish to continue farming after resettlement. Improvement of educational environment is generally highly appreciated by the resettlers.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12552/1/15_kaken_24310189seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報