Research Paper 事業者間契約における不当条項規制をめぐる民法・消費者法・競争法の発展可能性

大澤, 彩

pp.1 - 5 , 2015-06-02
Description
研究成果の概要(和文):本研究においては、民法(債権法)改正において日仏両国で議論されている事業者間契約における不当条項規制の可能性につき、消費者契約法による不当条項規制と比較して検討した。具体的には、事業者間契約における不当条項規制をめぐるフランスの最新の法改正の動向、日仏における民法による不当条項規制がなされた裁判例の分析、さらには日仏における消費者法による不当条項規制の分析といった、多様な観点からの研究を行った。成果は論文や学会報告によって発表した。研究成果の概要(英文):This research is about unfair contract terms of B to B (Business to Business) contrats in Japan and France, which is debated for the revision of Civil law. Particulary, this research focused on the following topics : the proposed amendement for the establishment of the control system of unfair contract terms of B to B in French law, some cases related to unfairecontract terms in Japanese law and French law, and the research of the control system of unfair contract terms in consumer contracts. The results are published in some law journals.
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12545/1/15_kaken_23730108seika.pdf

Number of accesses :  

Other information