研究報告書 ジャック・ベルタンの地図学理論の発展段階とその位置づけに関する研究

森田, 喬

pp.1 - 4 , 2015-06-09
内容記述
研究成果の概要(和文):本研究は地図学分野に大きな影響を与えてきたフランスの地図学者ジャック・ベルタン氏(2010年没)の地図学理論を系統的に整理することにより、デジタル化による地図制作という今日的なコンテクストの中で再評価しようというものである。地図学理論の文献収集については一般的な文献検索および研究所の年次活動報告書によった。体系化については、英国の地図学会誌に論文を掲載した。再評価については、ベルタン理論が強調する地図記号の一義性・多義性の区別の重要性を古代の岩絵地図まで遡って確認した。また、近年開発された作図システムによりベルタン理論のデジタル処理への親和性を確認した。ベルタン理論は一般化に向かっている。研究成果の概要(英文):This study aims to reevaluate the cartographic theories of Jacques Bertin, famous french cartographer died in 2010, by the classification of his works considering the context where cartographic materials are produced and utilized by the digital process in these days. The holistic bibliography was built using ordinary information retrieval and the annual reports of the laboratory. The result of the classification of the bibliography was presented as a paper of the Cartographic Journal of UK. Importance of the distinction between monosemy and polysemy was confirmed by the observation of the ancient maps carved on rocks. It was also confirmed that Bertin's theory was rather compatible and efficient in the digital processing cartographic system. Bertin's theory is on the way to spread to the general public.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12541/1/15_kaken_23501251seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報