Research Paper 戦後労働史におけるオーラルヒストリー・アーカイブ化の基礎的研究

梅崎, 修

pp.1 - 4 , 2015-06-08
研究成果の概要(和文): 本研究では、労働史オーラルヒストリーの未調査の確認と新調査、方法の開発、史料館との連携を行った。第一に、過去の労働史オーラルヒストリーをリスト化した。また、新しい調査を実施し、そのすべてを冊子化した。第二に、米国で7か所、英国で数カ所のオーラルヒストリー拠点を訪問・交流し、その視察報告を作成した。また、学会にてオーラルヒストリーの方法論や教育に関する報告を行った。特にオーラルヒストリーの映像の扱い方について議論を深めた。第三に、大阪エルライブラリーにて労働史オーラルヒストリー・アーカイブというWEBサイトを作成した。現在著作権の許諾中であるが、2015年度中に公開予定である。研究成果の概要(英文):In this study, we verified un-studied areas and new study in the oral labor history, developed its method and established the cooperation with the historical museums. First, we created a list of the oral history of labor in the past. We also conducted new researches and created booklets of all of them. Secondly, we visited 7 places in the U.S., and several places in the U.K. that were hubs of oral history, and had exchanges to create the visit report. We also reported at some conferences on the methodology and education of oral history. Particularly, we deepened the discussion on how to handle the video images of the oral history. Thirdly, at Osaka Labor Archive, we created a website called Labor History Oral History Archive. Currently, it is clarifying the copyright matters, but it is scheduled to open to public within year 2015.

Number of accesses :  

Other information