研究報告書 中国共産党に関する政治社会学的実証研究 : 中南海研究(Ⅱ)

菱田, 雅晴

pp.1 - 6 , 2015-06-12
内容記述
研究成果の概要(和文): 中国共産党を組織集団として捉えようとの目的から、中国側カウンターパートの協力の下、党および党員に関する認識をめぐる広範なインデプス・インタビューおよびアンケート調査を実施した。 国家社会論フレームに基づくクロス解析結果から、「党政関係」、すなわち,党・国家体制の揺らぎおよび「党群関係」、すなわち,党に対する公信力の低下が観察された。だが、その一方で、政府、とりわけ中央政府に対する信任は依然として高位にあるところから、党信任の脆弱性は国家信任の強靱性によって補完されており、党のサバイバル戦略が依然として機能しているものと推測される。研究成果の概要(英文): We have conducted extensive in-depth interviews and opinion surveys on perceptions and images of the Chinese Communist Party (CCP) and its party members with cooperation from Chinese counterparts, aiming at positioning CCP as a socio-political organization. Cross analysis revealed weakening Party-State relations and declining Party’s accountability toward people. In consideration of remaining strong trust to governments, in particular central government, it is considered that the Party’s fragility could be compensated by state actors’ resilience. In this sense, the CCP’s Survival Strategy can be confirmed as still functioning.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12534/1/15_kaken_23252004seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報