研究報告書 アジアの都市住宅の類型に関する史的研究

高村, 雅彦

pp.1 - 6 , 2015-05-27
内容記述
研究成果の概要(和文): 本研究は東・東南アジアの沿海部を対象として、それぞれの地域に特徴的な都市住宅の形成過程を空間論および社会論的に認識・把握しながら、都市史をベースにした新たな建築史研究のための方法論を拡大・精緻化することが目的である。 ①伝統的な都市住宅の形成過程とその諸類型の考察、②都市住宅の近代化過程に見る空間的および社会的特性の把握、③アジアに共有可能な都市住宅に関わる共通言語の発掘と方法論の創出を研究の成果として獲得することができた。住宅を都市構成の基本単位として捉える方法をとりながら、この時代のアジアの都市住宅を取り巻く全貌を実証的に明らかにした。研究成果の概要(英文): The areas to be studied are eastern and southeastern Asian coastal areas; we will explore formation processes of characteristic urban houses in each region from the spatial and social points of view, develop and refine methodology of new architectural history based on urban history, and extract issues and points to be discussed for regeneration and creation of historical houses in modern cities. We were able to clarify 1: Formation processes and types of traditional urban houses, 2: Spatial and social characteristics of urban houses in the process of modernization, 3: Terminology and methodology for Asian urban houses. We could conduct empirical analysis on circumstances around Asian urban houses based on the concept of houses as a fundamental unit of urban structure.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12533/1/15_kaken_23246108seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報