研究報告書 社会におけるメディアの役割 : 東・東南アジアの国際比較研究の視点から

藤田, 真文

pp.1 - 6 , 2015-06-10
内容記述
研究成果の概要(和文):東アジア、東南アジアにおけるトランスナショナルなメディア・コンテンツの流通を見ると、先進国のメディア産業が途上国の人々の価値観を支配するという、単純な「文化帝国主義論」では分析しきれない現状が惹起している。アメリカ、EUと挑戦者グループ(日本、香港・中国、韓国、ロシア、オーストラリアなど)との間で、現在ソフトパワーの覇権をかけた争いが地球規模で展開している。われわれのフィールド調査の結果、東アジア・東南アジア諸国では、それぞれの国の政治経済状況による差異は存在するものの、1990年の冷戦終結以後急速なメディア産業の発展とソフトパワーの世界市場への組み込みが進行していることがわかった。研究成果の概要(英文): The model bacterium, Escherichia coli , is able to survive under various stressful conditions in nature by forming the bacterial community, in which each cell plays a different physiological role. For search of the role each plays, single-live cell observation systems were developed using newly constructed cell chips, and transcription in individual cells was analyzed. Towards understanding the regulation mechanism of genome transcription, we also performed the systematic analysis of regulatory roles of a total of 300 transcription factors from E. coli.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12531/1/15_kaken_22330156seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報