紀要論文 サステナブル経営による企業価値創造と企業無形資産の考察

後藤, 貴昌

4pp.75 - 94 , 2016-03-24 , 法政大学公共政策研究科『公共政策志林』編集委員会
ISSN:21875790
NII書誌ID(NCID):AA12714757
内容記述
企業は社員、顧客・取引先、株主などのマルチ・ステークホルダー・エンゲージメント1 によるサステナブル経営を通じて、企業価値が高まり、その結果として安定的・持続的な業績を実現できると考えられる。しかし企業価値の規定や測定は大変難しい。本小論では企業価値を企業の経済的価値・社会的価値・環境的価値の総和として捉える。この企業価値の参考データとして日経新聞が毎年調査しているNICES 総合ランキング300 社のデータを基に分析を試みる。具体的にはNICES 総合ランキング300 社それぞれの企業の投資家、消費者・取引先、従業員、社会、潜在力の 5 分野での得点データを基に、それぞれの企業のネット上でのレピュテーション・データならびにブランド関連データとの統計分析を行う。その分析を基にして、サステナブル経営による企業価値と企業の無形資産としてのレピュテーション資産ならびにブランド資産との関連について論述する。
本文を読む

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13138&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報