Departmental Bulletin Paper 市民・地域主体による再生可能エネルギー普及の取り組み「市民・地域共同発電所」の動向と展望
TRENDS AND DEVELOPMENTS OF Citizens’ Co-owned Renewable Energy Power Plants

豊田, 陽介  ,  Toyoda, Yosuke

6pp.87 - 100 , 2016-03-15 , 法政大学サステイナビリティ研究所
市民・地域共同発電所は、市民や地域主体が共同で再生可能エネルギーの発電設備の建設・運営を行う取り組みである。そのために必要となる資金を、寄付や出資などの形で共同拠出すること、またそこで得られる発電収入は、出資者や地域に配当・還元されることが大きな特徴となる。市民・地域共同発電所は1993年に宮崎で始まり、1998年に滋賀において全国で2例目となる取り組みが生まれて以降、全国に広がりを見せてきた。2015年11月に実施した調査では、767基の市民・地域共同発電所が全国で建設されていることが明らかになった。現在建設中のものを合わせると2015年度中に800基を上回る見通しである。また、市民・地域共同発電所の形態や資金調達方法の多様化や事業規模の拡大などの傾向が確認された。今後こうした取り組みをさらに推進していくためには、地域全体の戦略への位置づけ、ネットワーク化による影響力の拡大、社会基盤の整備などの方策が求められる。Citizens’ Co-owned Renewable Energy Power Plants are community-based and cooperative installation, and a desirable measure to promote renewable energy. The first Citizens’ Co-owned Renewable Energy Power Plant was installed at Miyazaki in 1993. Then, next co-owned power plant was built at Shiga in 1998, which triggered spreading out these kind of power plant all over Japan. These co-owned and community-based power plants increased to more than 767 sites as of November 2015 and expected to be more than 800 sites. These efforts expanded to different areas and developed into various projects to create more suitable systems to the each community. In order to promote cooperative plants further, strategic approach, expanding network, and social capital improvement are necessary.

Number of accesses :  

Other information