Departmental Bulletin Paper Facebook ページへの共感発生と企業イメージへの影響
Empathy for the Facebook Page and Effect on the Image of a Corporate Brand

竹内, 淑恵

12pp.17 - 40 , 2015-03-31 , 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
ソーシャルメディアの台頭により、マーケティング・コミュニケーションの分野で共感という概念に注目が集まっている。しかしながら、なぜ共感が発生するか、どのようなコミュニケーション効果があるかについては検証が十分でない。そこで本研究では、Facebook ページに焦点を当て、「共感によるコミュニケーション効果モデル」を構築して実証分析を行った。また、Facebook ページでの情報提供の狙いは企業ブランドイメージの向上にあると仮定し、検証した。知見は以下の通りである。・ Facebook ページが楽しく、リラックスでき、退屈なときに活用できる内容であると共感を得やすい。また情報としての価値が認められると共感を得やすい。・ 共感が得られると、受容・拡散や信頼・満足にプラスの影響がある。結びつきを強く感じると受容や拡散への意向も高まる。・ Facebook ページを見る前より見た後の方が評価が高くなり、多くの項目で企業ブランドイメージが向上した。
With the rise of social media, the concept of empathy has gathered attention in the field of marketing communications. However, it is not sufficiently examined why such empathy occurs and what kind of communication effect it has. In this study, focusing on the Facebook Page, we conducted an empirical analysis by building "Communication Effect Model by Empathy". Also, we assumed that the aim of the information dissemination in a Facebook page was the improvement of corporate brand image, and examined it. The findings are as follows: ・ In a Facebook page, if its content is pleasant, relaxing and useful, it is easier to obtain empathy. Also, it is the same in the case of informative content. ・ Obtaining empathy has a positive influence on acceptance-diffusion and trust-satisfaction. A deep feeling of connection with the page raises the intention to acceptance-diffusion. ・ The image of a corporate brand is evaluated higher after watching a Facebook page than before watching, and in most evaluation items it improves the brand image.

Number of accesses :  

Other information