紀要論文 移動選好度から見た東京60キロ圏から都区部への移動者の移動圏の地域特性について : 東京23区における移動先選択パターンによる移動元のクラスタリング
Clustering of Migrant Sending Suburban 60km Areas to Tokyo 23 Wards with Migration Preference Index

森, 博美  ,  Mori, Hiromi

83 ( 4 )  , pp.1 - 25 , 2016-03-30 , 法政大学経済学部学会
ISSN:00229741
NII書誌ID(NCID):AN00071028
内容記述
本稿では,平成12(2000)年国勢調査の人口移動データを用いて,都心から60km圏内の市区町村からの都区部への移動者について,移動者による23区内での移動先区の選択パターンに注目して移動元と移動先の間にどのような地域的関係が成立しているかを明らかにした。移動者数から算出した移動選好度を標準化したデータを用いて移動元と移動先の地域をそれぞれクラスタリングした結果,いずれにおいても連続した帯状ないしは塊状をなす地域クラスターが生成され,それらがいずれも都心のターミナル駅から郊外方面に向かう鉄道路線に沿った形で展開しており,それらの地域クラスターが移動先である23区内で生成される地域クラスターとシームレスにつながっており,それらが都心部から郊外地域に向けてそれぞれ一体化した放射状の境域を形成している事実が確認された。このことは,東京の広域通勤圏における郊外部から都区内への居住地移動に明瞭な方位性が存在することを意味する。また都区部への移動者は23区内でも移動元により近接した地域を移動先区として選択し,都心部を越えた地域を移動先とする者は相対的に少ないとの知見が得られた。このような形での地域クラスターの形成については,移動先に関して提供される情報の不均一性等が移動者の移動先選択行動に反映されているものと推察される。Population of central metropolitan area (23 wards), which had decreased in number since the second half of 1960s due to the outward migration to the suburban area, has changed drastically its phase in 1995. Its population has resumed increasing due mainly to the notable excess of inward over outward migration. New trend of population movement termed as restoration of urban population is observed in major urban areas. Emigrants from suburban areas are one of the main players that account for this new trend. The key concerns of this paper are the manner how and where the new entrants find their accommodation in 23 wards and to identify possible spatial correlation between migrant sending and recipient areas. Areas within 60km from the center of Tokyo are the target field of the current study. Statistical data called as migration preference index is used to assess the intensity of migration by adjusting the number of migrants with the size of population both of sending and recipient areas. The present study has classified the migrant sending suburban areas within 60km from central Tokyo by applying clustering method into some regional clusters using the normalized migration propensity index. The following findings are obtained from the study. Firstly, inward migration from the suburban areas has a definite law in terms of direction. i.e. migrants tend to accommodate closer and familiar areas and are reluctant to settle in unfamiliar areas beyond the core segment of the city. Another finding is migrants who share the same commuting railways that radially connect terminals with suburban areas are likely to settle among 23wards in similar manner.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12183/1/83-4mori.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報