Departmental Bulletin Paper 〈研究ノート〉 日本企業におけるイノベーション・エコシステムのマネジメント : パイオニアのサイバーナビの新製品開発の事例分析
<Research Note> Innovation Ecosystem Management in Japanese Companies : A Case Study of Pioneer's Development of the "Cyber Navi" Product

伊藤, 嘉浩  ,  藤田, 修平

12pp.109 - 132 , 2015-03-31 , 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
ISSN:13492233
NCID:AA12000615
Description
本稿の目的は、イノベーション・エコシステムの概念を用いて、企業が新製品を開発し顧客に供給するために、外部の複数企業とのマネジメントをどのように行っているのか、さらに、そのためにどのような条件や課題があるのかを明らかにすることである。本稿ではエコシステムを、「複数の企業がそれぞれ持てるものを提供し合い、1 つのソリューションにまとめて顧客に提供するコラボレーション」(Adner, 2006)と定義し、日本企業のイノベーション・エコシステムのマネジメントとして、パイオニア株式会社のカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の新製品開発の事例の詳細について調査分析した。分析結果から、イノベーション・エコシステムを製品開発と製品供給とに分類した場合、パイオニアは製品開発という自社に近い点については確実かつ特徴的にマネジメントできているが、製品供給の点では、パイオニアに課題やサプライヤーとの意識の差が存在していた。また、パイオニアは、製品販売後も継続的に必要で重要なコンテンツやサービスを提供する企業の機会主義的行動に対して、資本参加や業務提携により対応していた。さらに、イノベーション・エコシステムのマネジメントに重要な条件として、(1)自社がイノベーション・エコシステムのリーダーである場合、単なる技術の集積者でなく、パートナーに課題があれば、その課題を共にマネジメントできていること、(2)自社の属する業界にとってのキーパーツになり得る存在をイノベーション・エコシステム内のパートナーとしていること、(3)自社の既存の技術・サービス・インフラをキラーコンテンツに、エコシステムの活用と継承ができていること、の3つを提示した。
The aim of this paper is to employ the innovation ecosystem concept to shed light on how companies manage relationships with multiple external companies to develop new products and supply them to customers, and the kinds of conditions that must be met and issues that must be tackled to that end. In this paper, ecosystems are defined as "the collaborative arrangements through which firms combine their individual offerings into a coherent, customer-facing solution" (Adner 2006). The case of Pioneer Corporation’s development of a new product, "Cyber Navi," was investigated and analyzed in detail as an example of innovation ecosystem management in Japanese companies. The results of the analysis showed that if innovation ecosystems are divided into product development and product supply, Pioneer is able to properly and characteristically manage product development, which is close at hand, but with respect to product supply, it faced internal issues and gaps in perceptions with suppliers. Pioneer also took stakes in or forged business partnerships with companies that continued to supply essential and important content after the launch of the product as a form of opportunistic behavior. In addition, three key conditions for management of the innovation ecosystem were presented: (1) The company that is the leader of the innovation ecosystem is not just a technology integrator. If there are issues with its partners, it is able to manage them jointly with the partners. (2) The company establishes partnerships with companies that could play a key role with industry partners in the innovation ecosystem. (3) The company is able to employ and ensure the survival of the ecosystem to make its own existing technologies, services, and infrastructure "killer content."
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12159/3/im_12_ito_fujita.pdf

Number of accesses :  

Other information