Departmental Bulletin Paper 居住5年目を迎えた岩手県陸前高田市仮設住宅における被災者の暮らし : 被災住民のエンパワメント形成支援による地域再生の可能性と課題 Ⅴ
A interview research to temporary housing developments in Rikuzentakata area of Iwate prefecture for fifth year : Possibility and Problem about Resuscitation of Community by the Support producing the Empowerment to the People damaged the Earthquake disaster V

宮城, 孝  ,  Miyashiro, Takashi  ,  森脇, 環帆  ,  Moriwaki, Tamaho  ,  仁平, 典宏  ,  Nihei, Norihiro  ,  山本, 俊哉  ,  Yamamoto, Toshiya  ,  藤賀, 雅人  ,  Hujiga, Masato  ,  神谷, 秀美  ,  Kamiya, Hidemi  ,  金, 呉燮  ,  kim, Osop  ,  松元, 一明  ,  Matumoto, Kazuaki  ,  崎坂, 香屋子  ,  Sakisaka, Kayako

16pp.135 - 176 , 2016-03-01 , 法政大学現代福祉学部現代福祉研究編集委員会
ISSN:13463349
NCID:AA11583110
Description
陸前高田地域再生支援研究プロジェクトは、東日本大震災において岩手県で最も甚大な被害にあった陸前高田市において、被災住民自身が地域の再生、生活再建に向けてその課題を話し合い、主体的な取り組みを行うことを支援してきている。そして、仮設住宅および被災地域におけるコミュニティの形成のあり方を共に模索しながら、今後の復興における地域再生のモデルづくりに寄与することを目的として、今日まで活動を続けている。本プロジェクトは、上記に関する活動の一環として、2015年8月に、2011年から引き続き5回目となる市内・外合わせて48の仮設住宅団地の自治会長等へのインタビュー調査を行っている。本稿は、仮設住宅自治会長等に対するインタビュー調査結果等についての概要を記したものである。内容としては、居住5年目を迎えた仮設住宅団地における①転出・転入、空き住戸等の居住状況、②高齢者や子どもなど配慮が必要な人の状況、③住環境、生活環境の問題と対応、④自治会活動とコミュニティ形成の状況、⑤外部支援団体の関与の状況、⑥住宅再建・復興まちづくりに関する情報や意見等についてであり、それらの全体的な概要と各9地域の特徴について整理している。調査時点において震災発生から約4年半が経とうとしており、仮設住宅での暮らしが長期化する中、2014年末から一部災害公営住宅への入居が始まり、また、高台への移転が開始されてきており、住宅再建が目に見えてきた地域と、大規模な土地のかさ上げによる区画整理事業の完成時期が明確でなく、なかなか将来の展望が目に見えない世帯が少なからずあり、昨年度に比べて世帯・地域間格差の広がりが見られ、今後の支援のあり方が問われる。本稿で記した概要に加えて、各仮設住宅団地のデータの詳細を報告書としてまとめ、仮設住宅団地自治会長、行政、市議会、支援団体等広く関係者に送付し、今後の復興施策へのフィードバックを図っている。
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12145/1/16miyashiro-other.pdf

Number of accesses :  

Other information