Departmental Bulletin Paper 情動喚起刺激の感情価と覚醒度が再生・再認記憶に及ぼす影響

加藤, みずき

76pp.11 - 22 , 2016-03-31 , 法政大学大学院
本研究は,情動喚起刺激の感情価・覚醒度が再生および再認記憶に及ぼす影響を検討した。情動を喚起するような写真を呈示し,その記憶成績を測定する二つの実験を行った。実験1 では再生課題が,実験2 では再認課題が実施された。実験1 では,ネガティブな感情を喚起する刺激において,覚醒度が高いほど再生成績も高くなることが示されたが,ポジティブ刺激に関しては覚醒度の効果がみられなかった。しかし一方で実験2では,ポジティブ・ネガティブに関わらず覚醒度が高い刺激ほど再認成績も高くなるという結果が得られた。以上のことから,刺激の感情価・覚醒度が記憶成績に与える効果は,要求された記憶課題によって異なるという可能性が示唆された。
This study investigated the effects of emotional valence and arousal on recall and recognition memory for emotional stimuli. Two experiments were conducted that presented pictures arousing emotion and measured the memory performance for these stimuli. Experiment 1 tested recall memory, while experiment 2 tested recognition memory. Results from experiment 1 showed that arousal increased recall memory performance for negative stimuli, but not for positive stimuli. In experiment 2, however, arousal increased recognition memory performance regardless of valence. These results suggest the possibility that the effects of emotion valence and arousal on memory performance differ depending on the memory task used.

Number of accesses :  

Other information