紀要論文 改訂版デートバイオレンス・ハラスメント尺度の作成と分析(2) : 加害に焦点を当てた分析
Development of a revised dating violence/harassment scale (2)

越智, 啓太  ,  喜入, 暁  ,  佐山, 七生  ,  甲斐, 恵利奈  ,  長沼, 里美

72pp.161 - 171 , 2016-03-30 , 法政大学文学部
ISSN:04412486
NII書誌ID(NCID):AN00226157
内容記述
本研究では,デートバイオレンスとデートハラスメントの加害についての自己評定式の尺度を作成し,これらの行動の特性について分析を行った。身体的暴力,間接的暴力,支配監視,言語的暴力,性的暴力,経済的暴力,つきまとい・ストーキングの 7つの因子について,その加害経験を測定する尺度が構成された。この尺度を元にして,加害者の属性とさまざまなバイオレンス・ハラスメント行為の関連について分析を行った。分析の結果,加害行為は同種のバイオレンス・ハラスメント被害と高い相関を持っており,加害の背景には被害があること,自分が受けた被害に比べて自分の行った加害の程度は低く評定されがちである事などが示された。
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/12097/1/bungaku_72_ochi_kiire_sayama_kai_naganuma.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報