学位論文 デフォルトリスクを考慮したデリバティブ価格:CVA DVA

石橋, 慎  ,  ISHIBASHI, MAKOTO

pp.1 - 31 , 2015-03-24 , 法政大学大学院理工学研究科
内容記述
本論文では近年デリバティブ取引におけるカウンターパーティリスクを管理する方法として注目されているCVA の検証を行う.CVA はカウンターパーティの信用力を基にデリバティブ価格の時価調整を行うものである.Hull and White [1] を参考にし,新たな CVA モデルの導出について CCAPM とヘッジング・ポートフォリオの理論を用いて説明する.導出したモデルを基にカウンターパーティと金融機関のハザードレートの相関を考慮した場合のシミュレーションを行う.シミュレーションではヨーロッパ型デリバティブについて二変量正規分布と t 分布を参照する.また,一方向 CVA(バーゼル III) と双方向 CVA(IFRS) の資本賦課について比較する.
AbstractWe consider the Credit Value Adjustment (CVA) for financial institutions to manage counterparty risk in derivative transactions. CVA is the market value adjustment of derivative price based on the credit-worthiness of company in the case of default. The new method for CVA, which is proposed by Hull and White [1], is based on the theory of Continuous CAPM and hedging portfolios approach. We evaluate the effect of correlation of counter party default and the Bank defaultw probability in simulation. The distribution is assumed to be bivariate normal distribution and bivariate t-distribution for default cor-relation in European type derivatives. We compare capital requirement for bank in calculation by only CVA (BaselIII) and by both CVA and DVA (IFRS).
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/11782/1/14_thesis_master_%e7%9f%b3%e6%a9%8b%e6%85%8e.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報