紀要論文 Warp model

古尾谷, 泉  ,  Furuoya, Izumi

30pp.49 - 56 , 2015-05-30 , 法政大学多摩研究報告編集委員会
ISSN:09125736
NII書誌ID(NCID):AN10019603
内容記述
我々の考えによれば、素粒子物理におけるenergy-momentum space は平坦ではない、電荷の値を変えないように反って(warp)いるのである。その結果、世代が生まれ、また、空間反転の不変性に、破れを引き起こす。この論文では、energy-momentum space が反っている一つの根拠をあたえる。
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/11543/1/30furuoya.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報