Departmental Bulletin Paper 鉄道裁判における裁量統制 : 鉄道裁判における需要予測及び比較衡量の研究
Control of discretion for the judicial precedents in railway projects : The prediction and the comparison for the judicial precedents in railway projects

田畑, 琢己

3pp.175 - 187 , 2015-03-24 , 法政大学公共政策研究科
ISSN:21875790
NCID:AA12714757
Description
本稿では,三権分立の視角から行政が実施した公共事業の合理性を司法がどのように判断したのかについて分析した。西尾勝は,行政学の視角から「憲法第31条及び第76条の規定より絶対的に司法審査に服しない行政行為を許容する余地はない。」と指摘した。本稿は,この西尾勝の視角から裁判例を検討する。需要予測と比較衡量は,公共事業の合理性を評価する指標となる。本稿では,鉄道裁判において「需要予測」及び「比較衡量」が争点となった事例を考察する。考察の結果,裁判所は「予測と現実との乖離」,「過大な需要予測による財政赤字の増大」,「水増しした人口予測」に対して消極的な判断しか下せなかった。裁判所は「一般的手法」ということだけで予測手法の合理性を認めたが具体的な内容に審査が及んでいない点で問題がある。比較衡量は,土地収用法20条3号4号,都市計画法13条1項,地方自治法2条14号,鉄道事業法5条1項1号などを根拠に争われたが十分な司法審査がなされなかった。仙台高判平成19年10月30日の「費用便益比が1未満でも法律に違反しない」という判示を踏まえて,正確な需要予測と適正な比較衡量は,法律レベルで要件を統一的かつ明確にすべきであると結論付けた。
The prediction and the comparison is the common criterion of evaluation in methods for the control of public works. This essay research the prediction and the comparison for the judicial precedents in railway projects. Effect of consideration, The court do not judge that between prediction and reality of difference, financial deficit by excessive of the prediction, excessive of the population prediction. The court do not judge to the comparison for the basis of the land expropriation law, the urban planning law, the local government law, the railway business law. I think of law for enforcement on correct prediction and properly comparison.
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/11455/1/kss_3_tabata.pdf

Number of accesses :  

Other information