紀要論文 東日本の基礎自治体における気候変動政策の実態と課題 : インターネット調査を手掛かりとして
The Actual Conditions and Issues on Climate Change Policy at Municipalities in Eastern Japan : Findings from an Internet Research

鈴木, 新之介

3pp.93 - 106 , 2015-03-24 , 法政大学公共政策研究科
ISSN:21875790
NII書誌ID(NCID):AA12714757
内容記述
近年,ほとんどの基礎自治体は,気候変動政策に関する情報を自治体の公式 Web サイトを利用して公開している。しかしながら,それは住民の気候変動に対する関心を喚起し,日常の環境配慮行動に影響を与えることができるような形で情報公開が行われているのだろうか。そこで本稿は,このことを検討するために,インターネット調査を手掛かりとして,東日本に位置する全ての自治体の Web を利用した情報公開の状況を網羅的に調査し,そのデータをもとにした量的内容分析を実施した。その結果,Web を利用して情報を公開する際にもっとも重要な要素であるカテゴリページの活用が不十分であるということが明らかになった。つまり,基礎自治体が,より効果的に Web を利用した気候変動政策に関する情報公開を推進していくためには,自治体公式 Web サイトそのものの構成を見直す必要がある。そのためには,電子自治体の推進に関する旗振り役である総務省が中心となって,より明瞭な情報公開を意識した Web サイトの構築方法を示すガイドラインを作成することが重要であることを提言している。
In recent years, almost all municipalities have published information disclosure about climate change policy on the website. However, have the information disclosure on the website aroused public awareness of the climate change, and have it affected environmentally conscious behavior in daily life of citizens? This paper considered these things as research questions. I investigated the current status of the information disclosure on the website at all of municipalities in Eastern Japan based on the internet research. And these data were analysed by the quantitative content analysis. As a result, it was found that the category pages as most important elements when municipalities published information on the website could not utilize. In other words, municipalities have to rethink the structure of the website in order to effectively promote the information disclosure about climate change policy on the website. Therefore, this paper suggested following things. A guideline for how to build a website to promote clearly information disclosure should be created by the Ministry of Internal Affairs and Communications which have demanded promotion of e-municipality.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/11448/1/kss_3_suzuki.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報