紀要論文 行政広報広聴の基礎的枠組みに関する一考察
Study on a Framework for Public Hearing and Public Relations in Local Governments

金井, 茂樹

3pp.79 - 92 , 2015-03-24 , 法政大学公共政策研究科
ISSN:21875790
NII書誌ID(NCID):AA12714757
内容記述
昨今,自治体の保有する行政情報の適切な提供と住民の意見要望を反映した政策形成が求められている。これは行政と住民とのコミュニケーションの活性化と情報共有の要請である。地方行政においては参加・協働の理念のもと民意を政策に反映させる仕組みが整備されつつあるが,行政と住民との間に十分な情報循環が実現しているとは言えない。このことは住民とのコミュニケーションの最前線にたつ広報広聴が機能していないということでもある。そこで,本稿ではこれまでの広報広聴研究を踏まえ,行政広報広聴の本質を情報開発と価値創造による行政と市民との信頼関係の構築・維持にあるととらえ,その理念の整理を行った。そのうえで行政広報広聴が対象とする情報を,広聴による個別情報と構造情報,広報による公共サービス情報と政策情報に分類して行政広報広聴の基礎的枠組みを提示した。これは行政がその理念のもとに多元的なチャネルを通して個別・構造情報の集約・調整と公共サービス・政策情報の提供・公開という情報循環を戦略的かつ継続的に実践することにより情報開発・価値創造を実現し住民との信頼関係を構築するというものである。ニューパブリックマネジメントのもと住民参加,住民の納得,住民の満足という視点から行政サービスが評価されるなかにあって,現代的な行政広報広聴の本質と理念を踏まえた枠組みを構築することは今後の自治体経営さらには地域民主主義の実践にとって意義があると考える。
This paper focuses on the framework for activities of public hearing and public relations in local governments in Japan, since the activities are basic functions in management of local governments. Recently, NPM (New Public Management) has been introduced by local governments, and their administrative services are assessed from the viewpoints of the citizen’s participation, the citizen’s consent and the citizen’s satisfaction. Accordingly, local governments have to improve the quality of the public relations continuously. In addition, because of the recent development of ICT (Information and Communication Technology), many local governments consider a new system of public hearing and public relations for their information provision function and information collection function. In this paper, the author reviewed the preceding studies on public hearing and public relations in Japan, and constructed a modern framework for them in local governments.
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/11447/1/kss_3_kanai.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報