Departmental Bulletin Paper シルバー人材センターの成立と発展
Formation and Development of the Silver Human Resources Center

小澤, 一貴

3pp.47 - 60 , 2015-03-24 , 法政大学公共政策研究科
超高齢社会を迎えたわが国では,生産年齢人口が減少の一途を辿るとともに,未だ経験したことのない高齢化に伴う様々な社会問題が広がりをみせている。一方で,わが国の高齢者は,他の先進国に比べて高齢になっても働きたいニーズを強く持っており,働きたい理由として,収入のみならず,生きがいや健康を保つためという意識が高いといった特徴を持っている。高齢者が長年培ってきた豊かな知識,経験,技術等を地域や社会で活用し,高齢者を「社会に支えられる側」から「社会を支える側」へと転換していくことは,超高齢社会をより豊かな社会にしていく有効な方策である。高齢者がその体力に見合った働き方をする,地域や社会で出番を得られる場として,シルバー人材センターがある。今は多くの市区町村に存在し,約75万人の会員と約3,000億円の契約高を有している。とはいえ高齢者に占める組織率は2% 程度であり,まだまだ発展途上の組織といえよう。シルバー人材センターはわが国独自の仕組みであるが,仕組みの特徴となぜこの仕組みが誕生し,どのような変遷を辿ってきたのかを総合的に検証した資料は少なく,この度その考察を行なった。シルバー人材センターが活力ある地域と社会の担い手となり,今後より多くの社会的ニーズに応えていこうとするのであれば,より自立した運営体制と社会のニーズを素早く汲み取って事業にしていく柔軟さが必要となる。
The Silver Human Resources Center was established in Tokyo as an “agency for the elderly” in 1975. Under the philosophy of “autonomy and independence, cooperation and mutual assistance”, and with the aim to spread across the country the idea that “through working with and leveraging the rich experience, knowledge, ability and technical expertise of the elderly, we contribute to society and ensure that the elderly are gaining the opportunity to do something meaningful”. Currently, it has about 7.5 million members and annual contracts worth approximately 300 billion yen. Through contracting and delegation from companies, households and public organizations, the Silver Human Resources Center is undertaking work of “temporary, short term and other” nature in local communities. The main operations are focused around providing members (elderly people) with work that matches their wishes and skills. In Japan’s ageing society, this is a structure expected to be capable of changing the elderly from “people who are supported by the local community” to “people who support the local community”. I’d like to consider about formation and development of The Silver Human Resources Center so as to find hint of several problem solving of aging society.

Number of accesses :  

Other information