紀要論文 立体骨組モデルと層集約モデルによるRC構造の動的耐震検討 -川越市立高階中学校B棟-v

程島, 遥平  ,  Hodoshima, Yohei  ,  古明地, 洋佳  ,  Komeichi, Yousuke  ,  吉田, 長行  ,  Yoshida, Nagayuki

(29)  , pp.41 - 48 , 2015-04-01 , 法政大学情報メディア教育研究センター
ISSN:1882-7594
内容記述
本研究では、動的耐震診断のための簡易な弾塑性解析手法を提案する。層集約モデルは短時間で対象建物の総合的な判断をする際に非常に有効であり、建物のデータは、図面や測量とともに常時微動観測をすることによって得られる。また、層集約モデルによる解析結果は、立体骨組モデルと観測データに基づき証明される。
This study proposes a simple elasto-plastic analysis for the dynamic earthquake resistance diagnosis. The reduced layer model is very effective to get the total judgment quickly. The basic data for a building is obtained by microtremor observation together with its plan and measurement. The numerical results are certificated by the analysis based on the three dimensional frame model and the observation data. Keywords : Three-dimensional frame, Reduced layer, Microtremor observation
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/11384/3/vol29_06.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報